法被

法被は今も昔も同じ一致団結のシンボル

法被という言葉は、もともと「半臂(はんぴ)」からきているそうです。これは、奈良時代ごろから用いられるようになった袖のない胴衣のことでした。一方、「法被(はっぴ)」というのはもともとお坊さんの椅子に掛ける布のことでしたが、音が似ていることから次第にそう呼ばれるようになったようです。やがて江戸時代になると、法被というのは、武家の奉公人などが着る羽織として変化していきました。さらに、それを職人や火消しやなどが真似をして用いるようになったのが、「印半纏(しるしばんてん)」です。おそらく、みなさんがイメージする法被はこれが一番近いはずです。時代劇などでも、おなじみの衣装ですよね。
この印半纏は、背中に家紋や屋号、襟には店や組の名前が染め抜かれ、腰には白線や波型、松葉といったさまざまな図柄がほどこされるようになりました。そのパターンを見るだけで、すぐにどこの何という団体に所属しているのかが、すぐに分かったそうです。
まさにお店や組のシンボルとして、ときには質入れされるほどの価値を持っていました。この印半纏が、やがて江戸時代末期に法被と呼ばれるようになり、現在の形へとつながっていったわけです。お店や組など、チームの一体感を出すためのユニフォームとしては、今も昔も変わらない役割を持っていたんですね。

最新情報

青春の思い出に法被がひと役買います

法被といえばお祭り。そして、お祭りといえばやはり学生にとっては学園祭や文化祭、体育祭などですよね。そんなお祭りでも、法被姿はおなじみです。部活動の出し物でそろって着たり、応援団が羽織っていたり。…

もっと詳しく

町会での半纏まとめ買いに便利な通販サイト

初夏から秋にかけて各地で次々と開催される威勢の良い各種の祭礼。その中でも目立つのは各町会オリジナルの粋な半纏に身を包んだ神輿の担ぎ手達。彼等の逞しい身体には少々ダボついた半纏がピッタリマッチし、…

もっと詳しく

法被は今も昔も同じ一致団結のシンボル

法被という言葉は、もともと「半臂(はんぴ)」からきているそうです。これは、奈良時代ごろから用いられるようになった袖のない胴衣のことでした。一方、「法被(はっぴ)」というのはもともとお坊さんの椅子…

もっと詳しく

記事リスト