消防団が法被を活用する価値

消防団は、各地域の市町村などの自治体で地域の住民の組織されています。主に火災の発生時において消火や救助などの活動に参加します。その際に役立つのが火消し法被です。多くの消防団が着用している活動服は安全性を向上させるために必要な難燃素材が使用していない場合が多く、以前から改善が指摘されていました。法被を活用することで、飛躍的に安全性の向上へ役立てられます。
防災訓練の際にも動きやすい消防団用の火消し法被は大きく機能します。耐熱性や難燃性に優れた法被はアラミド繊維を使用した価値があります。消防団が地域の安全を守るための活動を表現したデザインや文字をプリントすを施すことも可能です。耐熱性や難燃性に優れた法被は、実証実験によって機能性が確かめられています。マネキンを活用した熱や炎による検証の成果は、消防団が火災の発生場所へ出かけた際に機能を果たすことを証明しています。
消防団が法被を活用する価値は着用しやすい部分にも存在しています。法被は緊急時にも着用が素早くできて、通気性にも優れており、温度が高い場面でも活躍を後押ししてくれます。また、多くの団員の団結力を高めるためにも役立てられます。多くの利用価値を秘めた法被は、地域の安全を守るために活動している消防団に最適です。

最新情報

青春の思い出に法被がひと役買います

法被といえばお祭り。そして、お祭りといえばやはり学生にとっては学園祭や文化祭、体育祭などですよね。そんなお祭りでも、法被姿はおなじみです。部活動の出し物でそろって着たり、応援団が羽織っていたり。…

もっと詳しく

町会での半纏まとめ買いに便利な通販サイト

初夏から秋にかけて各地で次々と開催される威勢の良い各種の祭礼。その中でも目立つのは各町会オリジナルの粋な半纏に身を包んだ神輿の担ぎ手達。彼等の逞しい身体には少々ダボついた半纏がピッタリマッチし、…

もっと詳しく

法被は今も昔も同じ一致団結のシンボル

法被という言葉は、もともと「半臂(はんぴ)」からきているそうです。これは、奈良時代ごろから用いられるようになった袖のない胴衣のことでした。一方、「法被(はっぴ)」というのはもともとお坊さんの椅子…

もっと詳しく

記事リスト